選挙は政策討論の場として欲しいです

東京都の都知事選挙は誹謗中傷に終始しています。
もちろん、日本の一番の大都市の知事を決めるのでそれなりの品格も必要に考えます。
しかし、それ以上に大切なのは知事になって何をしたいかです。今後、東京都は東京オリンピックなどの大きな行事もありそれなりに政治力のある知事が就任しないと東京オリンピックは失敗に終わる可能性を秘めています。
そのため、知事になる人は政策と実行力に長けた人が知事にならないといけないと考えます。
そんな、大事な都知事選挙は誹謗中傷合戦の様相を呈しています。これは、いけないことです。
もう一度、選挙の意味に立ち返って欲しいです。また、周辺の人達も誹謗中傷を加熱させる発言を止めるべきです。そして、この候補のこの政策に実現性があるのか?などの都民が疑問に思っていることを答えるべきだと思います。
この選挙は、唯の選挙とは違います。日本で一番大きく知名度の高い都市の都知事を決めることだという初心に立ち返って欲しいです。http://www.nyuusankin.net/